不惑の四十に向かって…

40歳まで、1年を切ってから

半月が経った。

 

新しいステージへのお題が、

1ミリもズレのないタイミングで

やってくる。

 

「時間」って、すごいなー。

 

大分以前から気づいていたのに…

誰かが指摘してくれていたのに…

 

まあ、

乗り越えられる器が今やっと整った、

ということにしよう。

 

しっかり「死んで」、生まれ変わりたい。

1日を、1年であるかのごとく、いきる…

 

 

 

 

 

「ひとつのくせに…」