読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーさえもない世界

コトはただおきている

 

絶対世界と相対世界

 

それらの関係性そのものになる

感性を

磨き続ける

 

 

大自由だからこそ

なんでもいいワケじゃない

誰でもいいワケじゃない

 

 

しくみ

ブレない人たちは、

みんな、

そのことを理解している

 

 

感覚的にも

論理的にも

 

 

私もそうなりたい

次に進むために…

この3週間での自身の気づき

昨日職場で指摘していただいたこと

今日先生にアドバイスしていただいたこと

 

ぜーんぶ繋がった。

 

 

上手くいかない人生が

自作自演であったことが

スコンと腑に落ちた1日でした。

 

肝心なところ、

後一歩のところで、

邪魔が入るのは…

自分で邪魔してただけだった(笑)

 

なんとまあ…

時間の無駄(笑)

自己否定

「死んで生まれ変わりたい」

「全く違う自分になりたい」

 

一年ちょっと前の

私の口癖だ

 

 

その後まもなく

生も死もない世界と出会った

 

ほんとうは

「死にたい」なんて思う間もないスピードで

「死んで」いた

「死ぬ」ことに飽きるぐらい

「死んで」いることを

理解した

 

 

 

さて、

さらにそんな世界も否定して

当たり前に生きていると

 

今までの自分ではいられないように

時空間が迫ってくる

 

人は

自然に成長する

本人が

意図しようがしまいが

 

振り返れば

ずっと

そうだった

 

人は

「自然」に成長するのだ

 

今までも

これからも

 

思い出

もう20年近く前に、

ビレッジヴァンガード

たまたま見つけた綾戸智恵さんのCD

 

彼女が奏でる

夜空ノムコウが大好きだった

 

 

彼女の世界は

音楽には特定のジャンルなど無く

奏でる人それぞれが

一つのジャンルを造り上げていること

私に教えてくれた

 

 

  

その世界の奥にある魅力

 

そこにあった出会いの歓喜と別れの悲しみを

ただただ

深く深く感じていた

 

今振り返れば

当時の私は

そこに心を寄せずには

いられなかったんだろうな

 

それはそれで…

 

 

 

その魅力が

私をさらに奥深い世界へといざない

 

音に耳を、心を傾けるうちに

私は

体ごと

オルガズムそのものになっていた

 

突如訪れた

悦の世界

悲しみも喜びも超えた

次元の違う歓喜の世界

 

突然の未知との出会い

感じたくて 伝えたくて…

でも、

誰と何をしても共有できなかった

孤独感は募り

心は閉ざされ

現実は、酷くなる一方だった …

 

 

 

ほんとうは

さらにその奥があった

 

引き返すのは

まだ早かったのだ

 

共有すべきは

そこではなかったのだ

 

 

あー

あの時

もうちょっと

賢かったらなー

もうちょっと

勇気があったらなー

ほんとうの夜空の向こうに

出会えてたのかもなー

 

 

さ、

次に進も♪  

オリジナル

「オリジナル」

 

今日は朝から何度もこの言葉に遭遇し、

その度に自分の中の何かが反応する

 

 

今、この瞬間、

何が自分を自分として在らしめているのか

 

そして、

これから何処へ行くのか

 

誰の声も聞かず、

ただその切なさに耳を傾けてみようと思う

 

origin

原点

 

 

0オリジンと1オリジンが創り出す

∞オリジン

 

また少しずつ

見える世界が変わってゆく

 

 

 

 

 

無限の可能性

無限の可能性の中で

有限の「人生」を生きる

 

ここ最近

少しずつ

人生には、限りがあることを

意識するようになってきた

 

今まで

小さな世界の中にいて

本当の現実を生きて来なかった

 

気づくのが

少し

遅かった

 

それでも

あきらめず

 

自分には何を残せるのか

真剣に

考える