さあ、次へ

どんな真理も、

 

次なる真理への

 

踏み石に過ぎなかった…

 

 

まだ、

 

何も知らないし、

 

何も見ていない。

 

何も、体験していなかった…。